スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロール&ロックバード

ロックバード
ADSで魔導とマッチをしましたが、神判採用はかなり強いですね。
正直、言うほどじゃないだろうと思っていましたが、かなり強かったです。今までの魔導は伏せが少なかったのですが、私がマッチした相手はたくさん伏せてきましたね、神判で捨てるぐらいなら伏せますもんね。
手札は多いし、伏せも多いし・・・・・・・次のターンにはジュノン飛んでくるし・・・・・・

強いゲーテはラメイソンとアルマで使い回されていて、デッキの動きがきもかったです(笑)
これは、来期きますね。ということでメタカードを紹介します。もう知っている人からしたら当たり前なカードですが、【ドロール&ロックバード】です。

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

ようは、バテルやグリモでのスタートの後続を止めるカードです。手札から投げるだけで、そのターン魔導は止まりますね。
しかし、加えたカード自体は止められないので、システィやヒュグロを止めたい場合は、前もって発動しておく必要がありますね。このカードを発動したターンはきっと魔導は何もしてこないでしょう。
ただ、ライオウと違って奇襲性はあるものの普通に使えばアド損です。難しいカードかもしれませんね。

スポンサーサイト

4軸炎星におけるトウケイ

トウケイ
この間の関東フェスタで【炎星】が結果を出しまくりでしたね。
構築もバラバラで、他のデッキにあるテンプレがまだ出来上がっていない感じですね。
気になったのが、いわゆる4軸炎星にトウケイの採用です。

効果モンスター
星3/炎属性/獣戦士族/攻1500/守 100
このカードが「炎星」と名のついたモンスターの
効果によって特殊召喚に成功した時、
デッキから「炎星」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
「立炎星-トウケイ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を選んで
自分フィールド上にセットする。

前半の効果はリュウシシンを使わない限り無理な構築でした。後半の能力のみ使用する感じですね。
プレイングとしては
テンスウ→トウケイns効果でテンスウをテンキに変更→テンキで状況に応じてサーチ→持ってきたものをns
といったところでしょうか。

まあトウケイをフルに活用するなら3軸ですね。3軸は金銭面で優しくない構築ですが、4軸はまだ安上がりで強いです。

魔導人形の夜・・・

魔導人形
画像粗くてすみません。考察します。
カウンター罠
自分の墓地にモンスターが存在しない場合に発動できる。
効果モンスターの効果の発動を無効にする。
自分フィールド上に「マドルチェ・プディンセス」が存在する場合、
さらに相手の手札をランダムに1枚デッキに戻す。

ついにマドルチェもハンデスをするようになりましたね。どの辺が強いか簡単に説明します。
まず【マドルチェ】という名称なので、メッセンをSSするだけでサーチできます。チケット・シャトー・フェスタ・ティーブレイク・ナイツとサーチ先に幅が広がるので状況に柔軟に対応できます。
ティーブレイクに比べたらこちらの方が汎用性は上でしょう。

そして、場にプディンセスがいるだけでハンデスです。しかも、墓地には送らず、デッキに戻します。相手の墓地が肥えることすら許しません。
ちょっと盲点なのですが、効果を無効にするのは自分のモンスターでも大丈夫なので、それを利用してハンデスも狙えます。

弱いところを書きます。
墓地にモンスターが1体でもいるとそれだけで腐ります。なので、コーン号に弱すぎる点と、無効は出来ても破壊はできないので場合によっては、このカードが無力になります。

こんな感じですかね。
それにしてもいいカードです。プディンセスを要求する場面ではホットケーキを使えば簡単に出せます。
まぁ、ホットケーキ自体が墓地コストが必要なので、ナイツの発動条件と若干食い違いはありますが、それなら違う方法でプディンセスを出したりすればいいでしょう。
墓地にモンスターがいる状態で
ホットケーキ

ジェラート

ナイツサーチで消費1枚(ホットケーキ)でジェラート+ナイツが増えます。

インヴォーカーを出してさらに追加できればそのターン中にクイーンにも繋がります。そしてナイツを構えればヴェーラーも効きません。書きそびれましたが、コーン号に弱いと書きましたが、その効果をナイツで無効にしてやりましょう。
インヴォーカーではなくリヴァイでも面白くなりそうですね。


こんな感じですかね。

最近このブログのアクセス数が増えているのは魔導とマドルチェのおかげっていうのは秘密です。



プライドの咆哮 考察

プライドの咆哮
正直、今更かよという感じもしますが、考察します。
最近サイドにチラホラこのカードを見かけます。どういうカードか簡単に説明しますと、差分プラス300パンプです。差分はコストとして払います。
では、何が強いのかというと、このカードの発動タイミングが【ダメージ計算時】であるという点です。このタイミングで発動できるカードは、実はかなり限られてくるのです。
ステップとして
ダメージステップ

ダメージ計算前

ダメージ計算時となっているため、聖槍といったカードの発動をスルーした後で打てる点が評価されているのです。

何を想定して採用されているのかというと、炎星のテンセンや伏せが突破しづらいオピオンでしょう。この2つは間違いなく環境上位です。環境によってはこういったカードが評価されるのでおもしろいですよね。

サイドデッキの考察します。

魔導書の神判

なにこれ
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、このカードの発動後に自分または相手が発動した魔法カードの枚数分まで、自分のデッキから「魔導書の神判」以外の「魔導書」と名のついた魔法カードを手札に加える。その後、この効果で手札に加えたカードの数以下のレベルを持つ魔法使い族モンスター1体をデッキから特殊召喚できる。「魔導書の神判」は1ターンに1枚しか発動できない。
速攻魔法ですちなみに

うーん、なんというか、強いのは分かりますもちろん。おかしいと感じるところはまず第一に、このカード自身が「魔道書」である点
グリモ→神判→セフェル→ラメイソンで2枚はエンド時に加えることが出来ます。
第二におかしい点は発動したカウントが「お互いの魔法」です。なんでもいいみたいなので、もちろんサイクロン、ワンドなどを絡ませることによって更に手札が潤います。しかも、ワンドに対して相手がサイクを打った場合もカウントされますね。

第三におかしい点はエンド時に加えた枚数以下のレベルを持つ魔法使いをSS「できる」です。ここがポイントです。任意というのが非常にでかい。強制の場合なら出したくないヴェーラー等出す可能性もありましたし、出せない場合はそもそも発動すら出来ないはずです。
そして、発動した枚数分までサーチできる。つまりデッキの魔道書が少ない場合でも使えますし、欲しい魔道書を枚数を調整しながら選べる点が非常に強いです。
エンド時に、システィの効果が出してそのまま使えるかは裁定待ちですが、使えると思います。そうなった場合、以前に増して素早くジュノンに繋げることが可能でしょう。
SSは任意なので、ゴウケンも阻害しないと思います←間違いだったらすみません。

ここで、SSして強いモンスターも紹介します。
システィ
効果発動できれば

ジュノン
高性能です。ただ、出す分だけ加えないといけないので難しい。

個人的に押したいカードは
見習い魔術師です。最初のころはバテルに繋げられるところが評価され、採用されていましたが、高性能の魔道書と環境の変化により不採用の形になりました。一番大きかったのが召喚権が足りないというところでしょうか。
しかも、レベル2なので神判で簡単に出すことができ、壁、バテルに繋げられやすくなるのではないでしょうか。

ただ、枠があるのかというと微妙です。現環境はオピオン対策としてブレイカーが入っているので枠が足りない感じですね。

以上、長くなりました。
プロフィール

タケスン

Author:タケスン
栃木県で活動中の遊戯王プレイヤーです!活動とか記録したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。